ホーローの皿。

昨日のこと。
新しく購入したキッチン用品、ホーロー皿を使って、季節外れのグラタンを作りました🍴

ホーローの鍋があるので直火が大丈夫なのは知ってましたが、オーブンも大丈夫なのは初めて知りました(^-^)
ただし、電子レンジは駄目とのことなので、そこは気をつけなきゃいけないポイントです⚠️


ということで、ペンネグラタン✨
b0134055_00323135.jpg
グラタンに合うようにフランスパンと、コンソメスープが、この日の夕飯でした(^_−)

チーズたっぷり、うまうま🧀✨
これで、お酒が飲めれば、最高なんだけれどなぁ…
妊娠中なので、我慢です(>_<)

[PR]
# by nyann-nyann-nyann | 2018-06-04 23:45 | 食べ物2. (自炊) | Comments(0)

初めて行く病院にて。

今回の記事から病院編に突入しますが、記事を書く前に一応補足しておくことがあります。

このblogを書くにあたって、最初は私が受けた治療だけのblogを書こうと思ってました。
というのも、夫の方はどこまで書いて良いのかわからなかったからです。
男のプライドもあるだろうし、恥ずかしいとかあるかもしれないし、そうゆう気持ちがあったら書かれたくないだろうし…

一応、書く前に、不妊blogを書くことを伝えると、「良いと思うよー」って。
そして、夫の方はあまりオープンにしないで、うまく書くね!と伝えたところ「え、なんで?どんどん洗いざらい書いちゃいなよー!ってか、書いて知らない人に知ってもらった方が良いんじゃない?」って。

えっ、良いの!?

逆に、私がビックリ。
だって、プライドとかあるんじゃないの…?
って言ったら、「そんなの無いよー。ってか事実を書いた方が良くない?」。

夫よ、ナイス👍

ということで夫側の許可が出たので、今後は治療にあたり、夫が行なったことも入れつつ記事を書こうと思います✍️


さて、前回の記事にて「なかなか赤ちゃんが出来ないのは俺が原因かもしれない」と夫が言ったきっかけで、早々に不妊治療専門の病院に行くことになった私。

初めて行く病院に緊張でドキドキでした💦
だって、どんな治療するのかわからないし。
風邪とかインフルだったら、内科や耳鼻科へ行って症状にあった薬を処方されるのは経験上わかるから、病気になっても「いずれ治るさー」くらいな気持ちになるけれど、不妊治療は未知の領域。

冷静に考えると、最初から治療するわけないのに何故か終始緊張してました💧
夫は緊張無しの様子。
私が「ドキドキするー💦」って言ったら、ずっと「大丈夫、大丈夫。」って。
心強かったです(^_^)

ということで、夫と二人、今住んでる家の駅の隣の駅にある、とある病院へ行きました🏥
※病院名は病院の許可を取ってないので、控えさせて頂きます。

初診の内容は、まずこれまでの経緯を話しました。
婦人体温計を使って基礎体温を計り、排卵日をチェックしたりして自分達なりにタイミングとってチャレンジしてるけれど赤ちゃんが授からないこと、そして、夫が自分が原因かもと思ったから、検査をしたいことを伝えました。

先生からは、女性は35歳以上は卵の質も悪くなってくるから医学的に妊娠出来にくくなってるのは事実。そして男性側の原因も多いので、男女ともに検査してみて治療方針を決めましょうとのこと。
検査内容は、後日、女性は子宮の状態や排卵の状態を見るのと、男性は精子の状態を見る検査をするけれど、とりあえず今日は血液検査をしてクラミジアやHIVなどの感染症がないかチェックしますとのことで、私と夫両方の血液検査をしました💉

血液検査代の金額は2人で2万8千円くらい💴💦
それプラス、初診代でした。
保険がきかない処置ってこんなにかかるの!?
と、ビックリしました。
これから治療していくにあたり、どんだけのお金がかかるのか、この時はまだ何も知りませんでした…
※これから様々な治療の金額を公表していきますが、保険適用のものはそんなに高く無いので、公表しません。
実費で払ったものだけ公表しますので、参考にして下さればと思います✋


血液検査の結果が出るのは2週間後なので、それ以降また来院して、結果が出るまではまず夫の方の検査をしましょうとのことでした。

緊張の初診が終わり、これからどんな治療をしていくのか、まだ未知で不安な気持ちでいっぱいでしたが、夫と二人、これから頑張ろうと病院近くのファミレスでランチしたのを今でも覚えてます🍴


ちなみに、今回のお世話になった病院ですが、先生は「これから頑張りましょう!」的なタイプでは無くて、かなり冷静にこれからやるべきことなど事実だけを伝える先生でした。
一見冷たく感じるかもしれませんが、最後に必ず「何かご質問ありますか?」と聞いてくれるし、質問したことに対して「それはこうゆうことです」と答えてくれるのもあって、私には合ってたかなと思います。
誤魔化しがなく事実だけを伝える先生に、夫も好感が持てたと言っていました。

なので、共感タイプの先生では無いので、患者に寄り添って治療したいタイプは合わないのかもしれません( ̄^ ̄)ゞ
真剣に治療をしていきたいと考える人は合うかなと思いました。



ということで、次回は夫の検査編です。

[PR]
# by nyann-nyann-nyann | 2018-06-04 10:09 | musician的 不妊治療 | Comments(0)

不妊治療の病院に行くことになった経緯と私の気持ち。

昨年の4月、しかも入籍記念日となる日に初めて不妊治療専門の病院へ行きました🏥

事の発端は一昨年のこと。
入籍してから2年経ち「そろそろ子供どうかな?」と夫から言われ、「そか、そろそろそっちも考えなきゃいけないのね」と漠然と思っていた私。
というのも、30代前半にしてようやく自分の音楽性に自信というか納得し始め、これからどう音楽活動していくか考えていた時期だったので、実はこの時点では「まだ子供はいいかなぁ〜」なんて思っていたんです。
ので、夫の提案に「もう少し音楽活動をやりたい」と素直に伝えました。

夫は結婚したら数年夫婦で過ごして、その後子供が出来て、家買ってと計画性ある方だったので、私以上に子供欲しいと思っていた方なんです(夫は元はバリバリのmusicianだったので意外だったんですが…)。
なので、意見の不一致発生、いろいろもめました(苦笑)

自分の歳のことも考え、「一昨年いっぱいまで音楽活動させて欲しい、来年ちゃんと考えるから」と、待ってもらうことに。
今振り返ると、刻々と日が経つ中、気持ちを抑えて待ってる夫は寂しかったんじゃないかなって思うんです。
私のわがままで待たせてごめんね🙏と思います。

そんなわけで一年あっという間に過ぎ、音楽活動から本格的に子供のことを考えないといけなくなり、周りの同年代のmusicianは音楽街道まっしぐらで経験を積んでいるのを見て、無性に焦りと不安な気持ちになりました(>_<)
でも、自分で一昨年いっぱいまでと決めたのもあって、「ちゃんと考えなきゃなぁ。でも、年齢がもう少し若ければもう少し活動できたのかなぁ」などよく分からない考えも出てきて心が揺れまくってました💦

そんな気持ちじゃダメだと、おもいきって昨年の2・3月にlive活動をお休みして、子供のことを優先的に考えてみたりしました。
婦人体温計を買い、自分なりにタイミング取りつつチャレンジするも妊娠しない私…
何の根拠も無いんですが、ぶっちゃけすぐに妊娠すると思っていたので「なんで?」とジレンマ。
今まで婦人系の病気したことなっかたのもあって、そう思っていました。

そんな中、チャレンジして半年も経ってなかったけれど、夫が「もしかしたら俺が原因かもしれない」と。

不妊に対して私は知識が全くなかったので、「ん?男性側に原因って?」と謎だったんですが、夫が検査したいから病院へ行きたいと言ってきました。
それなら早いほうが良いと早々に不妊治療専門の病院を調べ、病院のwebsiteやレビューなどを参考に、家から近いところにある、とある病院へ行くことにしました💨



そんなわけで、今回はここまで。
次回は病院へ行く編です!

[PR]
# by nyann-nyann-nyann | 2018-06-02 09:30 | musician的 不妊治療 | Comments(0)

料理番組を見て作った料理。

一昨日くらいにテレビの料理番組で、海老マヨの作り方をやっていたので、早速、夕飯に作って見ました🍴
思いかえせば、料理番組見て作った料理って初めてかも。
b0134055_23245564.jpg
すごく簡単で、めちゃウマでした👍
むしろ、その隣の小松菜の胡麻和えの方が手間がかかりました💦
というのも、普段は茹でた後に水にさらして絞って胡麻で和えるんですが、今回は和える前に出汁に1時間ほど浸す(最低10分)という"出汁洗い"というものをやりました。
どうやら、仕上がりが水っぽくならずにすむとのこと。
確かに、和えたときに胡麻和えがさっくり混ぜられた気がします(^-^)

なんでも一手間加えると美味しくなりますね(^_−)b

[PR]
# by nyann-nyann-nyann | 2018-06-01 23:16 | 食べ物2. (自炊) | Comments(0)

不妊治療のblogを書くにあたり。

はい✋ 皆様こんにちは。
6月に入り少しづつジメジメし始め、もうすぐ梅雨時期に突入しますね☔️
雨だとインドアになりがちだし、最近産休に入り時間が出来たので、やり残したことを6月中にやってしまおうと、まず私が昨年治療していた不妊治療の記事を少しずつupしていこうかなと思います。

まず、なぜわざわざそんな記事を書こうかと思ったかって?

それはですね…


実際、不妊治療を始めるにあたり、これからどんな治療していくのか謎だらけで不安な気持ちだったので、webでいろいろ調べようと検索したけれど、病院関係のwebsiteぐらいしか情報がなく、その情報は医療系の言葉で綴られたものが多く、読んでも意味がわからず結局、謎が解明せず治療に挑む形だったんです💦
まぁ、私の場合、治療のほとんどが痛みを伴う治療が多かったので、今となっては事前情報を入れずに治療に挑んだのは私の性格上、深く考えずに済んで良かったのかなぁなんて思ってますが(^o^;)

あと、会社員や専業主婦の体験談blogはいくつか発見したんですが、私はblogのタイトル通り音楽を生業としているので、音楽家が治療してblogを書いている人が見つからず、同じ立場として共感したくても出来なかったから寂しかったんです。

そして、歳が歳だけに、最近周りから「治療ってどんなことするの?」や「どのくらいお金かかるの?」と聞かれることがちらほらあったりするので、今回私の経験した治療、仕事とどうやりくりしたのか、その時の気持ちを綴ろうかなと思いました。


ということで、musician的観点の不妊治療blogとなりますので、男女問わずmusicianで治療を余儀なくされた方や、これからもしかしたら自分も不妊治療を受けるかもしれないと感じている方、そして ご興味のある方は読んで頂き、治療に対して覚悟と少しでも不安が解消されたら幸いです😊

[PR]
# by nyann-nyann-nyann | 2018-06-01 09:19 | musician的 不妊治療 | Comments(0)

♪ Flutist,三田愛のblog ♪


by みたあい
プロフィールを見る
画像一覧