初めての凍結胚移植。

夏日が続いていて暑いですねー☀️💦
今年の梅雨は雨が少ないので、水不足大丈夫かしら?
夏はこれからが本番なので、熱中症など気をつけましょう!


さて、前回は不妊治療における助成金の話を書きました。
保険適用外の治療が多い為、かなりのお金がかかってしまう不妊治療ですが、少しでも救済すべくある助成金(詳しくはお住いの市区町村に問い合わせて下さい)。
うまく利用して、治療の助けにして下さいという話でしたね。

今回はまた治療編に戻ります。
採卵を終えて、やっとこさスタートラインに立てた私。
しかし、ホルモン治療によりOHSS(卵巣過剰刺激症候群)という副作用に採卵後になってしまい、すぐに次のステップに行けず、2度月経を済ませ採卵後3度目の月経の後に、凍結させてある受精胚を移植することになりました(卵巣の中の作りすぎた卵を、月経によって綺麗に出来るとのこと)。

月経開始から12日目の排卵前に病院へ行き、卵巣の状態をエコーでチェック。腫れもなく綺麗になっていたので、排卵を促す薬を注射しました。排卵が確認出来ないと移植が出来ないので注射するとのこと(保険適用内でした)。
3日後にまた来院して下さいとのことで病院に行き、またエコーでチェック。排卵は確認出来、いよいよ次の日に移植することになり、この日は子宮の壁を厚くする薬を注射しました(保険適用内)。

月経開始から16日目、移植当日。
まず朝に凍結した受精胚がちゃんと解凍できたか病院へ電話で確認します☎️
この時、確実に解凍できる訳ではなく、うまく解凍できない場合があるそうです。なので、移植前にまず電話で確認して病院へ行きます。

確認出来たら病院へ行き、採卵のときと同じ処置室で初めての移植。ドキドキで先生を待つ間「2か月前に採卵したなぁ。ちゃんと着床するかなぁ…」など、いろんな思いが巡ってきました。
先生が処置する前に、培養士から今回移植する胚について説明を受けました。
「今回の胚は綺麗に8つに細胞分裂された胚を移植します。グレードは1番良い胚です」とのこと。
とうやら細胞分裂の度合い、細胞分裂したときに小さな泡の有無(泡が少ない方が良い)などによって胚のグレードが決まる様です。

説明後、先生が処置室に入ってきて、移植開始!
手順は、胚が入ったチューブを子宮内に挿入し、超音波で確認しながら子宮に胚が入ったかチェックしながら移植します。
この時、チューブが子宮内に入った感じは痛みは無かったのですが、少し違和感がある感じ。移植のタイミングはわからずでした(-_-;ゞ
ちなみに一度に移植する胚の数ですが、年齢によって違う様で、私の場合は1個or2個が選べるとのことだったので、悩んだ末、初めての移植なのでとりあえず初回は1個移植することにしました。

移植はものの5分くらいで終了。
移植の代金は保険適用外で、約¥130,000円でした。


移植約2週間後に採血をして妊娠判定を行うのですが、それまで移植当日から高温相を保たせるホルモンを投与します(プロゲステロン)。
移植当日は注射で💉、次の日から中用量ピルを毎日飲みます💊

排卵を止めるのに使われる低容量ピルはよく聞きますが、中用量ピルは子宮系の病気などの治療で使われる薬で、初めて飲みました。
どうやらこの薬、副作用が出るらしく、私は飲んでる間は少し気持ち悪くなりました💦
飲んだことがある友達に聞いたら、なにも副作用なかったと言っていたので、副作用の有無は人によるらしいです…

2週間後、妊娠判定の為に採血しに病院へ🏥
前日、どんな結果になるのか期待と不安でソワソワ(´・ω・`)
採血して1時間後くらいには判定が出るとのことでしたが、病院で待つのも気持ちが落ち着かなかったので、外へ出て気持ちを落ち着かせる為にカフェへ行きました☕️

採血代、保険適用外で¥4,500円。


そして1時間後、結果を聞きに再度病院へ。
妊娠判定の結果は陰性。
初めての移植は成功せず、着床しませんでした。
結果を知る為に先生の診察を受けてるとき、頭に話が入ってこずボーッとしてました。

病院へはほぼ毎回車で行き来しているのですが、車に乗って家に帰る途中に車の中で大泣きしました。゚(゚´Д`゚)゚。
「移植の為にいろんな検査と治療してきて、痛い思いや辛い思いしてきたから何で?」という残念な気持ちと、「でも初めての移植だからしょうがないよね、不妊治療始める際に先生に自然妊娠より25%の確率って言われたし…」と、いろんな思いが駆け巡り情緒不安定になりました。

夫に結果報告するのもなんか申し訳ない気持ちだったけれど、連絡してダメだったことを伝えて、家に帰ってゆっくりすることに。
夫が帰ってきた時、安心感からかまた泣いちゃいました。
夫も少し落ち込んでる感じはしましたが、「今回は初めてのチャレンジだったし、また次頑張ろう!大丈夫。」と言ってくれて、気持ちをなだめてくれました。
気持ちを切り替えて、2回目に挑もうと決意。


今、冷静になって考えてみると、私が移植後に泣いたのは意外だったなぁと。
赤ちゃんが授かる為に治療をこなす毎日だったから、ダメだったと聞いたときに気持ちがプツンと切れてしまったのと、始まりが治療をせざるをえない状況であまり深く考えて無かったけれど、私は本当に赤ちゃんが欲しかったんだなぁって。


ということで、今回はここまで。
次回は移植2回目編です。




[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2018-06-26 12:54 | musician的 不妊治療 | Comments(0)

♪ Flutist,三田愛のblog ♪


by みたあい
プロフィールを見る
画像一覧