fluteと日々の出来事もろもろ日記

カテゴリ:映画&TV( 37 )

女優とジャズピアニストの話

三連休の最後は、この映画を観てきました061.gif
『ラ・ラ・ランド』
b0134055_01452584.jpg

b0134055_01452535.jpg

脚本&監督は、前作、若手ジャズドラマーとスパルタな指導をする指揮者の話を描いた「セッション」の監督、デミアン・チャゼル。
ジャズピアニストのセブと女優の卵のミアとの恋愛ミュージカル映画。

前作は私の中でピンと来なかったですが、今作は周りの知り合いが良かったと言ってる人が多かったので、どんな映画か楽しみにしてました001.gif
ネタバレになるのでストーリーは細かく言えませんが、恋愛ものでよくある話だなぁと思いましたが、映画の作りや音楽、世界観は観てて面白かったので、ストーリのあるあるな嫌な感じは無かったです。
男性側の思いと女性側の思い、すれ違いなども上手く描かれてたので、個人的に「男性ってなんでこう言う発言するの?」とイラっとしたりして最後のほろ苦さというか切なさに共感しました。

そして、何と言っても音楽が良かったです003.gif
監督のデミアン・チャゼルはプロミュージシャンに憧れ、高校時代にジャズドラムに打ち込んでいたそうで、今作もいろんな音楽がふんだんにおりこまれた作品でした。
前作もそうだけれど、特にジャズがコンセプトの映画で、ジャズ界の現状や「そうゆうところあるよねー」的なストーリーにも共感しました。
そうそう、ミュージシャン役としてソウルシンガーのジョン・レジェンドが出演してました♪
スクリーンに出てきた時「あれ?なんか見たことあるとぞ」と。

何をするのもタイミングなんだなぁって見終わって思いました( ̄ー ̄ゞ
特に恋愛においては。
「あそこですれ違わなければ」
「あそこでその行動や発言をしてなければ」
「もし出会ったのがそのときじゃなかったら」
もしもは世の中ないけれど、自分のおかれた状況で恋愛というものは良い方向にも悪い方向にも変化するのだなと改めて感じました。

にしても、ミュージカルってやっぱり良いですね(*^o^*)b
ウキウキしたりしんみりしたり、体いっぱいで表現するのもあって感情移入しやすいです。
2時間、楽しめました(^_-)


あ、そうそう、ちなみに"la la land"という意味は…

●カリフォルニア州ロサンゼルス
●現実離れした世界、おとぎの国
●現実から遊離した精神状態

という3つの意味があるみたいです。





[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2017-03-20 21:00 | 映画&TV | Comments(0)

ゲームもここまで来たかー!!

今日は大好きなゲーム、FFことFinal Fantasyの映画が公開されたということで、
『KINGSCLAIVE Final Fantasy15』の映画を観てきました061.gif
b0134055_19070099.jpg

FFは過去にも映画を作っているんですが、それがヒットしなかったということがあったので、今回どうなのかなー?って期待半々で観に行きましたが、凄く面白かったです006.gif

今作は、ffシリーズでは定番のクリスタルが関係してくるのですが、"クリスタルの力を使って魔法文明を築いて繁栄したルシス王国"と"科学の力で作られた兵器を駆使して大国へと発展したニフルハイム帝国"の戦いを描いた内容で、CGを駆使して作った作品。

いやー、ゲームもここまで来たかと感心しきりでした005.gif
建物や車、そして特に人の肌の質感が実写ににみえて、凄すぎでした!
手に汗握るアクションも、その辺のアクション映画を超えるくらいハラハラするし、なんと言っても、ffお馴染みのモンスターが出てきて、おぉ!って感動しました。
好きな声優さんもチラホラ出てました001.gif

あと、ffファンとしては、音楽にもffならではの曲を使ってたりと嬉しかったです(*^o^*)

テーマ曲は、オーケストレーションでffの壮大な感じが出ていたし、あの音楽聴いただけでもファンは嬉しさこの上無いo(≧▽≦)o

ゲームのFinal Fantasy15は今秋発売らしく、この映画の続きの話みたいで、どんなストーリーのゲームなのか、興味深々。
発売が待ち遠しいです〜( ´ ▽ ` )
が、プレイステーション4を買わないとプレイ出来ないので、プレイステーションを買わないとって感じですが(;^_^A


そんなこんなで、やっぱりFinal Fantasyって凄いなぁって思いつつ映画館を後にしました(^_-)b






[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2016-08-10 18:41 | 映画&TV | Comments(0)

久々にアクション見てスッキリ!

先日、今公開中の続編「図書館戦争」を見てきました061.gif
b0134055_01541937.jpg


有川浩原作の作品で、前回同様に図書の検閲を実行する良化委員会と図書を守る図書隊との戦い。

図書隊は岡田准一さんが演じる二等図書士の堂上教官と、榮倉奈々さん演じる笠原一等図書士を中心に上司と部下との信頼関係、仲間との信頼関係、そしてちょっぴり恋愛がおりこまれたこの映画、1作目よりアクションシーン満載でした(*^o^*)
というか、堂上教官強すぎ!
バッタバッタと良化委員会の部隊を倒していくわけで、かっこよすぎ(≧∇≦)

かっこ良い場面だけではなく、ホロりするところもあったり、クスッと笑えるところもあったり。

あまり言っちゃうと、公開中なのでネタバレになっちゃうから言えませんが、架空の話だけど、現代社会ありえそうな設定とのこともあって、私は前回同様に楽しめました006.gif


テレビでやったらまた見ようかなって思います(^_-)/






[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2015-11-06 01:24 | 映画&TV | Comments(0)

ひたすらカッコイイ!!

先週、久々に映画を見に行ってきました061.gif

見た作品は…
b0134055_0205040.jpg



『図書館戦争』


有川浩さんの同タイトルの小説が原作で、V6の岡田准一さんと、榮倉奈々さん主演の映画。

「メディアを取り締まる"メディア良化法"が施行され、良俗を乱す表現を含む本が取り締まられ、読書の自由が無くなった日本。
読書の自由を守る為、図書館の自衛組織"図書隊"に入隊した笠原郁(榮倉奈々)と、その担当する鬼教官の堂上篤(岡田准一)。二人が配属された図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)と良化委員会の戦いが始まるー
二人の運命は…」



というもので、監督はなんと「GANTZ」を監督した佐藤信介さん。

いやいや、久々に最初から最後まで、中だるみせず楽しめました006.gif

岡田くんは、SPという作品で主演していたので、アクションはお手の物って感じに見えたし、榮倉さんは役にあっていて可愛かったー☆

ってのも、実はちょい前にテレビアニメを深夜枠でやっていて、少し見てたので、キャラクターはどんな感じか知ってたんです。
なので、お二人とも役にハマってて良かったです(^o^)b

他キャストも豪華でした!
堂上教官の同期に小牧幹久役の田中圭さん、堂上教官の上官に仁科巌役に石坂浩二さん、笠原郁の同期に柴崎麻子役の栗山千明さんなどなどで、なんといってもビックリしたのが、亡くなられた児玉清さんが写真で出てきたこと。

仁科巌の兄貴として、映画では亡くなったことになってる、稲嶺指令の遺影として出てきたんです。

どうやら、有川さんと児玉さんは以前対談していて、本の方に出てくる稲嶺指令のイメージは児玉さんだったみたいです。
でも、映画が作られる前に亡くなってしまったので、オマージュとして稲嶺指令 役に児玉さんの写真を使ったみたいです001.gif


緊張感たっぷりの銃撃戦とその中で芽生える恋愛。
とても、面白い作品でした003.gif


ってか、ひたすら岡田くんがかっこよくて、「こんな教官現実にいないっしょー(^-^;」と思いながらも、この映画を見たら女子的には、教官に皆メロメロになることでしょう(笑)
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2013-05-23 00:14 | 映画&TV | Comments(0)

そのネーミングセンス、どうなん?

20日、春分の日に映画を観に行ってきました061.gif

公開がもうすぐで終っちゃうから、その前にと駆け込みで観に行った映画で、タイトルからすると、どんな内容なのか???て感じの作品。

『脳男』
b0134055_18302939.jpg


生田斗真さん主演で、他キャストに
江口洋介さんや松雪泰子さんなどなど。



観る前は、「バッドマンみたいなダークヒーロー系が悪い輩をやっつけちゃう系かな?」なんて思ってたんですが、ダークヒーローは当たってるけど、ちょっと違って清々しさは無く、もっと精神的に重たい映画でした(>_<)

見終わったあとは、もやもや感たっぷり…
そして痛々しい場面多く、観疲れしましたf(-_-;

でも、私はこういった映画は嫌いじゃないので、楽しめました(^_^)



あらすじ…
『ある日、無差別連続爆破犯の手により、バスが爆破される。

その爆破犯を追って、刑事の茶屋(江口洋介)は、とある廃墟がその犯人のアジトだと突き止める。
その廃墟へ着き、踏み込もうとしたとき、爆破が起きる。
爆破された部屋に入ると、一人の男がいた。

それは、生まれつき高い知能と、驚異的な肉体を兼ね備えるも、人間らしい感情が無い "脳男" だった。
その男は、身元不明で鈴木一郎(生田斗真)と名のる。

その男を犯人と思い、今までの常軌を逸した一連の犯行から、刑事の茶屋はその男を精神鑑定に出すことにした。
その精神鑑定を精神科医の鷲谷真梨子(松雪泰子)に頼むが、鷲谷はその男の感情が無いことに興味が湧き、男の過去を調べるが…』


という内容。



初めのシーンが既にインパクト大で、既に(>_<)ギョエー!な感じでしたが、storyが進むに連れて、脳男がどうなっていくのか、興味深々でした。


にしても生田斗真さん、綺麗な体してました012.gif
綺麗な顔立ち、プラスして綺麗な体。
perfect body049.gif

きっと、この役の為に減量して鍛え上げたんでしょう(^_^)b


ただね、とあるお医者さんが鈴木一郎を脳男と名付けたと言っていましたが、そのネーミングセンスどうよ?

もっとカッコイイ言い方無かったのかなって感じでした(苦笑)



そうそう、一つ思ったことがあって、この映画を良い映画と言って良いのでしょうか?

感動する映画ではないし、深く考えさせる映画では無い感じだったし…

ただただ、「うーむ…そうだよな、そうなんだよな。」的に、終わったあとに思った感じだったんですよね。

あ、けっして面白くないとか嫌いな映画という訳じゃなく、むしろ、私は好きな映画の感じだったのは確かです(^-^;


こういった作品を、blogに上げるのは難しいですが、個人的に "続" は作らないで欲しいなぁと思います。

あの終わり方のままにして欲しいなぁと…



終わり方が、気になる人は映画をチェックしてみて下さいな006.gif
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2013-03-23 23:52 | 映画&TV | Comments(0)

拍手喝采。

今週はじめに久々に映画館へ001.gif
いつも午前中~や、午後一~とかが多いんですが、この日は午後のお昼過ぎにゆっくりと行きました。

今回観た作品は、『レ・ミゼラブル』061.gif
b0134055_14871.jpg


原作、Victor Hugo(ヴィクトル・ユゴー)が1862年に発表した小説。
ミューシカルとして、1985年に初演し今もなを上演し続ける作品。

そんな作品を「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞した、Tom Hooper(トム・フーパー)が監督し、映画化。


Cast
●Jean Valjean(ジャン・バルジャン):Hugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)
●Javert(シャベール):Russell Crowe(ラッセル・クロウ)
● Fantine(ファンティーヌ):Ann Hathaway(アン・ハサウェイ)
●Cosette(コゼット):Amanda Seyfried(アマンダ・セイフライド)
●Marius(マリウス):Eddie Redmayne(エディ・レッドメイン)
●Eponine(エポニーヌ):Samantha Barks(サマンサ・バークス)

…などなど。


あらすじ
「19世紀、格差と貧困が深刻な時代、人々は自由を求め、立ち上がろうとしていたフランスが舞台。

妹の為に一つのパンを盗んだばかりに19年間投獄され囚人となったジャン・バルジャン。
監督官のシャベールから仮釈放を告げられ自由の身になったが、身分があやふやな囚人だったために仕事が貰えず、生活に行き詰まりまた盗みを働いてしまう。
しかし、盗みを見逃し罪を許してくれた司教に出会い、生まれ変わろうと決意す。

それから8年、バルジャンはマドレーヌと名を変え、工場経営の実業家として成功し、市長にまで上り詰める。

しかし、ある時荷馬車の下敷きにされていた男を救うために、マドレーヌが怪力を発揮し助けた姿を見て、シャベールは仮釈放中に姿を消したバルジャンではないかと疑いをもつ。

ある日、警察につき出されそうになった娼婦、ファンティーヌを助ける。
ファンティーヌは、工場を解雇されたせいで娼婦になった女性だった。

そんな時、バルジャンに間違えられ捕らわれた人がいると耳にしたバルジャンは、自分が本物だと名乗り出るかどうかで悩むが、名乗りでなければ人の道に反すると思い名乗り出るが、ファンティーヌから愛娘のコゼットを託されることになり、幼いコゼットを命をかけ守ろうと、パパでありママになることを決意するバルジャンは、 捕まるわけにもいかず、バルジャンはまた追われる身に。


激動の不安定な時代、バルジャンとコゼット二人の運命は…』




本当に素晴らしい映画でした(^o^)b
見終わった後、号泣しながらスタンディングして拍手しそうになったくらいf(^_^;


ひたすら泣・泣・泣。
スーザン・ボイルがカバーした"l dreamed a dream"、娼婦にならざる終えなかったファンティーヌが歌う姿にジーン(T-T)

アン・ハサウェイが、悲痛な気持ちで歌うのがまた引き込まれます!


そして、国と自由を求め戦い、死んでいった若者達が歌う"The people's song ー repirise"、未来へと繋がっていく最後のシーンにここ一番の号泣(ToT)



他にも感動するシーンが沢山あって、その度に涙がポロポロと。
ってか、音楽も良いだわこれが!




そうそう、レ・ミゼラブルという作品は"真実の愛"がテーマでいくつもの愛が歌われてるんです。

●ファンティーヌが娘を思う、母としてのの愛。
●バルジャンがコゼットに注ぐ、父としての愛。
●コゼットが父に向ける、娘としての愛。
●コゼットと恋に落ちる青年マリウスの、純粋の愛。

沢山の愛がつまった作品で、それらがリアルに交差する感じ。
だから、共感し感動するんですよね(^o^)



でも、作品が良くても実際に演じる方が素晴らしくないと、観てる側には伝わらないんです。
小説を読んでる方がダイレクトに感動するんじゃないかと思います。

実は以前、日本人Castでこのミュージカルを観に行ったことがあったんですが、映画を観るまでストーリーを思いせずにいたんです。
映画を観ているうちに、ストーリーと音楽をだんだんと思い出しできたんだけれど、ミュージカルを観たときは、ここまで感動しなかった記憶があったんです。
原作は素晴らしいから、良いミュージカルだなとは思ったんですが、確か号泣まではいかなかったかな…

映画でここまで感動したのは、Castが素晴らしかったからだと思います。
どの役とっても、俳優さんの演技が素晴らしく、原作をperfectに再現し、観る方も更に入り込めたんじゃないかと思うんです。

X-Menのウルバリン役知ったヒュー・ジャックマン、ウルバリンではヒーローだしワイルドなイメージだったけど、この作品では"コゼットへの無償の愛"を熱演し、プラダを着た悪魔で知ったアン・ハサウェイ、プラダ~では夢を叶えるために頑張る女性を演じてたけど、この作品では"娘への愛や夢破れ張り裂けそうな思いの女性"を熱演。


などなど、書ききれないけど本当にみんな素敵でした006.gif




素晴らしいものを観たり聴いたりすると、心が充実しますね☆

DVD出たら買おうと思います043.gif





余談…
マリウスを演じたイギリス出身のエディ・レッドメインという俳優さん、初めて見たけどイケメンで、自分的にヒット016.gif

歌がかなり上手いなぁ~と思って調べたら、他にも沢山ミュージカル出演されてる方みたいで、なんと私と同世代だということが判明。
青年役ということで、若く見えたんので、まだ20代前半くらいかなぁ~なんて思ってたから、同世代で勝手に親近感わいてしまいました003.gif


あと、大人になったコゼットを演じたアマンダ・セイフライドという女優さん、はて?何処かで見たなぁ…と思ってたら、"ジュリエットからの手紙"(reviewはまだ書いてないけど、これまた良い映画なんです)の記者のソフィー(だったかな?)役やってた人でした。
この方がこんなに歌える方とはビックリでしたf(^_^;


最後に、ショートの髪も似合ってて可愛いアン・ハサウェイ。
憧れちゃいます~012.gif
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2013-01-23 01:36 | 映画&TV | Comments(0)

心温まる。

先日、久々に映画館に行って来ました061.gif
今回観た映画は…
b0134055_23593760.jpg


『最強のふたり』


フランス映画なんですが、実際の人物にもとづいて描かれた作品だそうで、
口コミがけっこう良く、興味がわいて観に行くことにしました。


内容は、
「事故で首から下が麻痺してしまった白人男性のもとに、
無職の黒人男性が介護の職の面接に来た。
実はこの男性、職が欲しいわけではなく失業の判子目当てだった。
三枚判子があれば国から失業手当がもらえるので、
面接をそこそこに判子を要求する。
しかし、白人男性はその男性を雇うことにする。
二人は互いに心を通わせていき…」


というもので、笑いもありシリアスなところもありました。
観終わった後は、じんわり心が温まる感じ012.gif

感動して涙って感じではなかったけど、すごく良い映画でした☆


フランスの映画ってあまり観たことないけど、ハリウッドの映画とまた違う感じ。
なかなか雰囲気あっていいものですね(^_^)b

他に何か良い作品があれば、DVDを借りて観てみようかと思います006.gif
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2012-10-05 23:28 | 映画&TV | Comments(0)

現役、御年90歳!?

今年の初めのこと、久々に3D映画を観ました061.gif


b0134055_135171.jpg


マーティン・ スコセッシ監督作品。
第84回アカデミー賞では作品賞含む11部門で同年最多ノミネート、
撮影賞、美術賞など計5部門で受賞作品。

『ヒューゴの不思議な発明』


主なキャスト…
ヒューゴ・カブレ  :エイサ・バターフィールド
イザベル      :クロエ・グレース・モレッツ
鉄道公安官     :サシャ・バロン・コーエン
ジョルジュ・メリエス:ベン・キングズレー
ヒューゴの父    :ジュード・ロウ
クロードおじさん  :レイ・ウィンストン
ムッシュ・ラビス  :クリストファー・リー
ママ・ジャンヌ   :ヘレン・マクロリー
ムッシュ・フリック :リチャード・グリフィス
マダム・エミーユ  :フランシス・デ・ラ・トゥーア
リゼット      :エミリー・モーティマー
ルネ・タバール   :マイケル・スタールバーグ


原作はブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説 "ユゴーの不思議な発明"。


あらすじ…
「舞台は1930年代のフランスはパリ。
父(ジュード・ロウ)を火事で失い独りぼっちになった、息子のヒューゴ(エイサ・バターフィールド)。
駅の時計台に隠れ住むみ、駅の時計のネジを巻き食べ物は盗む毎日を過ごし、なんとか暮らしてていた。
そんなヒューゴは、父が遺した壊れたままの“機械人形”は彼の唯一の友だち。
機会人形には秘密があり、それを探すうちに機械人形の修理に必要な“ハート型の鍵”が必要だと気づく。

そんな中、盗みを働いてお店の店主のジョルジュベン・キングズレー)に捕まってしまう。
この店主、実は映画の父と呼ばれていた過去を持ち、夢を捨ててしまった老人であった。
そんなジョルジュにヒューゴの持ち物の秘密のノートをを取られてしまう。
返す代わりに、お店で働く事となり、その店主の養子である少女、イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と出会いう。なんと、イザベルは機械人形のハートの鍵を持っていた。
ヒューゴとイザベルは機械人形に鍵をさし動かすと、不思議な絵を書く。
そして最後にサイン”ジョルジュ・メリエス”と。

早速、ママ・ジャンヌに見せるが、口を閉ざしてしまう。
人形が書いた秘密のメッセージとは?」


という内容。


なんだか不思議な世界の物語でした。
最後に、「なるほど〜、こう繋がるのかぁ!」
と、ちょっと感心。
しかも心あたたまる物語で、最後ちょいと感動しちゃいました。

ヒューゴ役のエイサ・バターフィールドくん、
可愛い男の子で、奮闘してる姿を観ると応援したくなっちゃう感じ。
b0134055_12563243.jpg

将来イケメンになるであろう間違いなしな顔立ちはしてるので、今後にも期待大。
ってか、以前観た"オリバー・ツイスト"という映画(そのreviewはこちら)で、オリバー役のバーニー・クラークくんにしかり、
私は、かわゆい男の子が苦難を乗り越える的なストーリーに弱いみたいです(苦笑)



そうそう、気になった俳優さんがいて、鉄道公安官役のサシャ・バロン・コーエン氏。
だ、誰かに似てる…
b0134055_1303396.jpg

と思って調べたら、コメディアンの方で2013年にフレディー・マーキュリーの自伝映画のフレディー役をやる方みたい。
そして、どうやらこの方、いたずら好き(?)なのか、いろいろお騒がせな方みたいです(^-^;)

兎に角フレディは、はまり役になる事間違いなしでしょう(笑)
その自伝映画、要チェックですね!


そして、キターーー!
大好きな俳優、クリストファー・リー。
b0134055_1333884.jpg

なんと、御年90歳!?

スターウォーズ1〜3、そしてロード・オブ・ザ・リングのサルマン役などなど、
私の好きな映画に必ず出演していると言って過言じゃない俳優さん。
しかも、この方へヴィ・メタルもやっちゃうお方!!
どの映画も、この人の存在感がハンパ無いんですよね〜。
大好きな俳優さんです☆


映画って、好きな俳優さんを見つけるとテンションあがっちゃいますね043.gif
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2012-06-16 13:05 | 映画&TV | Comments(0)

女の嫉妬って恐っ(>o<)

いや、映画の話。
原作が面白かったので、観にいった作品です061.gif

b0134055_318596.jpg


『源氏物語〜千年の謎〜』


主なキャスト…
光源氏  :生田 斗真
紫式部  :中谷 美紀
安倍晴明 :窪塚 洋介
藤原道長 :東山 紀之
桐壺/藤壺 :真木 よう子
葵の上  :多部 未華子
夕顔の君 :芦名 星
中宮彰子 :蓮佛 美沙子
弘徽殿  :室井 滋
六条御息所:田中麗奈


あらすじ…
「平安時代。この世を我が手に収めようとする権力者、藤原道長(東山紀之)は、一条帝の心を道長の娘の彰子(蓮佛美沙子)に向け、是非とも子宝に恵まれ道長の権力を確立させようと、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。
ーその物語は"源氏物語"。
この物語は、今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田斗真)が主人公

帝の寵愛を一心に受ける桐壺更衣は、嫉妬に燃える帝の正妻・弘徽殿女御(室井滋)によって殺害されてしまう。
時は流れ、幼き光源氏は見目麗しい青年に育ち、宮中の女中の憧れの的に。
そんな光源氏、亡き母の桐壺に瓜二つの義理の母・藤壺(真木よう子:二役)へ母性を通り越した狂おしいほどの恋心を断ち切ることができずにいた。
その苦しさから逃れるため、正妻・葵の上(多部未華子)、そして艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(田中麗奈)、更には、はかなげでつつましやかな夕顔(芦名星)と、何人もの女性に愛を求めて彷徨い始める。
しかし、めくるめくる愛を求めた結果、女の“嫉妬”に追いつめられてゆく光源氏であった…。

紫式部が書く源氏物語は、たちまち宮中の女中、そして帝の心をも掴み、帝と彰子の間に待望の男の子が生まれた。
道長の思惑通り、平安の世の権力は確立した。
子宝に恵まれたことで、紫式部の役目は終わるはずだったが、自分の思いをぶつけるかの様に、紫式部は源氏物語を書き続ける。
そんな中、道長の友人の陰陽師、安倍晴明(窪塚洋介)は、物語を書き続ける紫式部に不穏な気配を感じ始める。
光源氏に心奪われ嫉妬した御息所の怨念が、道長への秘めたる思いを持つ式部自身の心と重なり、"生き霊"となって現実に表れ始めたのである。

嫉妬と憎悪の心に染まりつつある生き霊の紫式部を、陰陽師・安倍晴明が追い払うが…」


という内容。

ん〜、映画ではあまり謎な感じでは無かったような…
原作の方が謎めいてした気がします。
あと、凄まじいまでの嫉妬心が描かれていたので、
原作を読んで映画を観ちゃうと、ちょいともの足りないところはあったのかも…。
紫式部のライバル、清少納言もチラっと映ってなかなぁ。
バチバチしたところを期待してましたが(^o^>"


でも、生田斗真さんと東山紀之さんの着物姿はすごく似合ってて、セクシーでした。
それに、中谷美紀さんや真木よう子さん、そして田中麗奈さんの平安時代のお召し物姿もすごく
キレイでした☆

改めて、女の嫉妬って恐っ(>o<)
愛が行き過ぎると、愛憎に。表裏一体なんですね〜。
少女漫画がいつの時代にも読まれてるってことは、
時代が変わってもそういった思いは変わらず人間にあるってこと。
嫉妬に狂う女だけには、なりたくないです(-o-;)

にしても、田中麗奈さんの嫉妬に狂う六条御息所、ハマり役だったなぁ。


本当に、平安時代って豪華絢爛の世なんだなぁ〜って、映像を観ていて改めて思いました。
ただ、実はこの時代の文学はあまり興味がなかったりします(^o^;)
どっちかというと、陰陽道に興味深々!
陰陽道を題材にした漫画やゲームをやっちゃうくらい好き(笑)

そうそう、一昔前なんだけど、『陰陽師』っていう映画があって、安倍晴明役に野村萬斎さんが出てて、すごくマッチしてたのを思い出しました。


話は戻すけど、原作は確か2巻へ続いてたはず、映画も続きがでるのかな?
でないと、あの終わりはちょっと腑に落ちない気がしますし…(苦笑)
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2012-06-16 03:22 | 映画&TV | Comments(0)

苦悩と葛藤、そして克服。

映画公開時に、かなり観に行きたかった作品だったんですが、行けなかったのでDVDで観ることに。


b0134055_035222.jpg


第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。
『英国王のスピーチ』


主なキャスト…
ジョージ6世     :コリン・ファース
ライオネル・ローグ  :ジェフリー・ラッシュ
エリザベス      :ヘレナ・ポナム=カーター
エドワード8世    :ガイ・スピアーズ
ウィントン・チャーチル:ティモシー・スポール
ジョージ5世     :マイケル・ガンボン


この作品は、イギリス王ジョージ6世の史実を基にして描いた作品で、
"吃音症"の苦悩と、それを克服するために葛藤するドラマ。


あらすじ…
「1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として、長男のエドワード8世が即位する。
しかし、離婚歴のある米国女性と結婚するということで、1年もたたないうちに王座を捨ててしまう。
弟のヨーク公はジョージ6世として王位に就くことになったが、内気な性格そして幼い頃から吃音症に苦悩する日々。そんな中での、公務のスピーチは常に苦痛だった。
そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ、なんとか吃音症を克服させようとするが…」



人前に立つのに内気な性格&吃音症を患ってした人が国王になった時代があったんだなぁって、なんかちょっと意外というかなんというか。
でも、その苦悩が克服できたとき、思わず「よくやった!」って拍手しちゃいました。
そして、ジョージ6世を常に支えた妻のエリザベスにも拍手038.gif


こういった映画は、本当に勇気を貰えます。
失敗もあって挫折しそうになるけど、それでも周りの助けもあって頑張った先に成功がある。

とても良い映画でした043.gif
[PR]
by nyann-nyann-nyann | 2012-06-16 01:05 | 映画&TV | Comments(0)



♪ Flutist,三田愛のblog ♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
こちらこそ、またよろしく..
by nyann-nyann-nyann at 22:59
お疲れさま~^^良い思い..
by x_preghiera_x at 22:11
そう言って頂いて、有難う..
by nyann-nyann-nyann at 21:17
思い出に残る素晴らしいラ..
by cat paws at 07:53
この日も来てくださいまし..
by nyann-nyann-nyann at 17:00
そう言って下さって有難う..
by nyann-nyann-nyann at 16:59
旋律の美しいアドリブ、気..
by cat paws at 09:34
とても素晴らしいライヴで..
by cat paws at 09:10
>ムーさん 有り難うご..
by nyann-nyann-nyann at 10:28
MINAKA2行くよー!
by むー at 23:04
外部リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧